活動報告

2020.07.17

【九州地方豪雨 災害支援物資のご協力の御礼】

7/13月曜日・14日火曜日・16日木曜日の3日間に亘り、 

九州地方豪雨 災害支援物資のお願いを突然にも関わらずさせて頂きましたが、

皆様に多大なるご協力を頂きました。

ありがとうございました。

会を代表し、

公益社団法人春日部青年会議所 第56代理事長 田中寿興より御礼と報告をさせて頂きます。

2020.07.16

【春日部青年会議所から支援物資ご協力の御礼】

公益社団法人春日部青年会議所の広報担当の山田正典です。
13日月曜日・14日火曜日、そして本日と3日間に亘り、九州地方 豪雨の支援物資のお願いをさせて頂きました。
急な御依頼にも関わらず、FB・インスタグラムを見たと一般の皆様、OB諸兄の皆様がご多用な中、お越し頂きました。
心より感謝申し上げます。
【3日間の実績】
7月13日月曜日・・・10件
7月14日火曜日・・・15件
7月16日木曜日・・・20件
       合計 45件
支援物資を頂きました。
こちらを本日夜、埼玉ブロック協議会災害支援窓口へ持参したいと思います。
しっかりとお届けし、また報告させて頂きます。
地域の皆様、OBの皆様のご協力により
写真のようにこんなに多くの支援物資のお預かりすることができました。
これからも今、何が必要であるか考えて行動して参ります。
今後ともご指導・ご鞭撻お願いいたします。
2020.07.16

History and bonds to the future〜歴史と絆を未来へ〜(国際交流委員会)

パサディナ青年会議所とのホームステイプログラムは本年で35年目を迎えることができました。

 

 

 

 

 

しかし、新型コロナウィルスの世界的感染拡大の影響によりプログラムが中止となりました。

現在パサディナホームステイプログラムを経験しているメンバーは全体の3割しかおらず、このままでは先輩方が紡いできた『理解と友情』と地域の青少年に国際的な視野の広がり、そして、多くの感動の機会が失われると危惧しています。

そこで8月第一例会では、パサディナとの歴史について特に『交流の始まり〜春日部市との友好都市締結まで』

を中心にプレゼンテーションを行い、プログラムの魅力をメンバー同士で共有していただき、今後も継続してもらえるよう理解していただく内容となっております。
本例会を通じてプログラムの歴史を知り、魅力を共有する事で今後もパサディナとの絆を継続してもらいたいと考えております。

国際交流委員会 委員長  白石 博樹 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 62
一番上に戻る