ブログ

2018.03.27

震災から七年経った、今

皆さん、こんばんは。会員拡大委員会委員長の斉之平です。
私事になりますが、週末を利用して宮城県南三陸町に行ってまいりました。東日本大震災後、初めての宮城県訪問になります。震災から七年が経ちましたが、あの日から今日まで、全力で新しい地域づくりに取り組んでいる人たちに出会い、震えるほどのエネルギーを感じました。
新聞やテレビだけでは知ることのできなかった現実を目の当たりにし、この世には人の数だけ物語があることを改めて認識しました。
2011年当時、日本中の青年会議所メンバーが復興支援に駆けつけました。その中のひとりに、春日部青年会議所のメンバーである板橋委員もいました。当時の活動を記録した埼玉ブロック協議会のホームページは残念ながらもう残っていませんが、ツイッターが残っていたので、参考に載せておきます。
板橋委員は本年度、春日部青年会議所を卒業されます。今ならば、本人から直接貴重なお話を聞くことができますので、興味を持たれた方は私までご連絡ください。
今週の29日(木)には、新国道45号への交通切り替えを予定しており、汐見橋の渡り初め式が南三陸町主催で行われるそうです。
あの日の出来事を決して風化させず、どこにいても誰かのためにできることを考えて行動できる人になりたいと思います。

※ご参考
公益社団法人日本青年会議所埼玉ブロック協議会2011年度公式ツイッター
https://mobile.twitter.com/jc_saitama

一番上に戻る