活動報告

2021.09.18

9月通常総会・事業のご報告

 9月15日(水)に9月通常総会・事業を開催し、9月総会において、2022年度のトップリーダーである次年度理事長予定者並びに次年度理事のメンバーを審議可決いただく事ができました。
 また、9月事業では、次年度理事長予定者である小笠原拓也君より次年度の方向性に関する説明があり、メンバーに春日部青年会議所を想う気持ちを伝え、2022年度の方向性を示していただきました。
緊急事態宣言期間が延長となったため、Zoomを使用したWebでの開催となりましたが、多くのメンバーに出席いただきました。

2021.09.15

8月献血事業のご報告

 8月24日(火)に8月献血事業を行わせていただきました。
春日部駅西口ロータリーにて献血事業を行わせていただきましたが、緊急事態宣言下での開催にもかかわらず52名の方に献血していただきました。この度は多くの方にご協力頂きまして、誠にありがとうございました。
 次回は12月に開催予定ですので、その際も協力頂ければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

献血人数
200ml 6名
400ml 46名
合計  52名
血液型別人数
A型 21名
O型 11名
B型 17名
AB型 3名

2021.09.15

8月第二例会 「地域の国際化について共に考えよう」開催のご報告

 8月25日(水)に8月第二例会 「地域の国際化について共に考えよう」開催いたしました。
本例会では、春日部青年会議所メンバーに、春日部青年会議所にて36年間続いている事業であるパサディナホームステイプログラム(以下PHP)に対して主体性を以って行動して頂く為に、PHPの価値を知り、継続に対しての危機感を持っていただくため開催いたしました。本例も緊急事態宣言期間中のため、ZoomによるWeb例会での開催となりました。
 例会では2017年、2019年、本年度とパサディナホームステイプログラム受け入れの年に学生交流に携わってきた、共栄大学国際経営学部の平林信隆教授にご協力をいただき、PHPに関わり感じたことや学生の変化などのお話をメッセージ動画にて視聴いただきました。
 また、国際交流員会がなぜPHPを来年度も継続していきたいと考え、理想の地域のために本当に効果的な事業なのか、なぜPHPを選ぶのかのプレゼンテーション、PHPに参加してくれた学生によるメッセージ動画、PHPの価値に改めて気づいていただきそのうえで、PHPの効果をより上げるためにはどうすればいいのか主体的に考えていただくグループディスカッションを行うことで、メンバーにはPHPの価値を知っていただき、継続に危機感を持っていただきました。
 

1 2 3 4 5 6 14
一番上に戻る