更新情報・お知らせ

2019.07.04

7月例会 理念を掲げよ!!~TTPから始める経営理念の作り方~の開催のお知らせ

私たちは、春日部青年会議所メンバーとして、そして、地域の青年経済人として、社会から必要とされる組織づくりを行わなければなりません。
その第一歩として、2月例会において、組織における理念の重要性を学びました。そして、その学びを得ることで、私たち自身が牽引する会社や部署などにおける理念の策定について、意識の高揚を図ることができました。しかし、「理念が重要であることは理解し、つくりたいとも思っている。」としても、実際に理念を策定するには何をどのようにして始めれば良いのかが分からなかったり、理念を策定することを非常に難しいものと考え、中々行動に移せなかったりするのではないでしょうか?
そうならないためにも、大切にしている考え方や価値観に基づいた自身の理想や夢を、組織の理念として表現する具体的な方法を学んで参りましょう。そして、それを実践することで自身の理想や夢が明確になり、その実現に向けて自身が真摯に取り組むことで組織の内部の方々からの共感を得られ、組織全体で理念のもとに結束して活動することへの一助となると思います。
 また、春日部市・杉戸町・宮代町に在住、在勤される20歳から40歳の皆様におかれましても、自身の会社や仕事に直結するセミナーとなっておりますので、是非、多くの皆様にお越し頂ければ幸いです。
※本例会は春日部青年会議所メンバー、オブザーバーのみの対象となります。

実 施 日 : 2019年7月17日(水)
受   付 : 集合18:30 開会19:00 閉会21:05
場   所 : 春日部市市民活動センター ぽぽら春日部 4階会議室1・2 春日部市南1-1-7

2019.07.01

第10回小学生ドッジボール大会

2019年6月29日(土)30日(日)、ウイングハット春日部にて『第10回小学生ドッジボール大会~仲間と思いを一つに~』が開催されました。
当日は1200名を超える市内の小学生や保護者の方に参加して頂き、また両日200名以上の大学生ボランティアスタッフや、埼玉県ドッジボール協会のご協力の元、第10回大会という節目にふさわしいドッジボール大会を開催することが出来ました。
選手、保護者共に大いに盛り上がり熱戦を繰り広げました。
本大会を運営するにあたり、ご後援頂きました、春日部市、春日部市教育委員会、ご協賛頂きました、企業の皆様に感謝申し上げます。
このドッジボール大会も今大会をもって終了とさせて頂きます。
10年間という歴史の中で小学生ドッジボール大会に関わってくださいました全ての方々に、深く御礼申し上げます。

公益社団法人春日部青年会議所メンバー一同

 

・第10回小学生ドッジボール大会 大会アルバム

2019.06.25

機関誌6月号を更新しました。

 

・機関誌6月号

2019.05.29

5月事業HEAL THE WORLD ~公園から未来へ繋げるまちづくり~


2019年5月26日(日)庄和総合公園にて菊池委員長率いる地域創造委員会が担当する5月事業「5月事業HEAL THE WORLD ~公園から未来へ繋げるまちづくり~」を開催いたしました。
当日は多くの学生、地域の責任世代の大人の方々が参加していただき池に入り清掃を行いました。また、FMKCさんにも来ていただきツイキャスでのラジオ放送をしていただき地域への発信にも力を入れました。ゲスト出演では岡田理事長を初めとする春日部青年会議所メンバーも出演しPR活動を行いました。
参加者の方々は池を綺麗にする為、泥だらけになりながらゴミ拾いをしました。
多くのご協力を得て5月事業HEAL THE WORLD ~公園から未来へ繋げるまちづくり~が大きな怪我も無く大成功に終わりました。

2019.05.16

5月例会「新たな価値を生み出そう!」~これからの資本主義を切り拓く~


2019年5月15日(水)春日部市民文化会館3F大会議室にて菊池委員長率いる地域創造委員会が担当する5月例会「新たな価値を生み出そう!」~これからの資本主義を切り拓く~を開催いたしました。
当日は、一般社団法人成田青年会議所をご卒業された植田雅人先輩のVSOP運動の講演とグループに分れてワークショップを行いました。
VSOP運動の講演では目に見えない6つの資本、利益至上主義からなる2項対立の思想、様々な社会貢献の形(CSR、CSV、公益資本主義、SDGs)等を学びました。
グループワークでは、グループ内でのメンバーで各々の職業を活かして社会の問題を考えどのように社会に貢献できるかをまとめ、1つのサービスを新たに創出しました。
VSOP運動を学びこれから意識した仕事、JC活動をしていきたいと考えます。

1 2 3 4 5 6 8
一番上に戻る